沖縄県第一号の人材派遣会社

株式会社人材派遣センターオキナワ

◇マイナンバー制度開始に伴う、注意点等!

2016年1月からマイナンバー制度が始まります。

マイナンバーとは、2015年10月から国民一人ひとりに通知される12桁の番号のことです。

この番号は、国や地方公共団体などで、「社会保障」、「税」、「災害対策」の3つの分野のうち、

法律や自治体の条例で定められた手続きで使用されます。

2015年10月以降、市町村よりマイナンバーを記載した「通知カード」が簡易書留で、住民票の

家族ごとに送付されます。

①お住まいの住所と住民票住所を一致させ、確実に受け取られるようにして下さい。

②外国籍でも住民票がある中長期在留者の方や特別永住者などの外国人の方も対象となります。

③マイナンバーの通知カードには「個人番号カードの通知申請書」が同封されています。申請書

を郵送するなどして、2016年1月以降、「個人番号カード」交付を受けることができます。

個人番号カードは、身分証明書としての機能をはじめ今後様々な場面で活用されていくことが

予想されますので、必ず申請をしておくようにして下さい。

※ 交付を受ける際は、原則として、ご本人が市町村の窓口に出向き、本人確認を行います。

       「個人番号カード」は厳重に管理する必要がある、特定個人情報です。大切に保管し、

        絶対他人には教えないようにしましょう。

 

 2016年1月以降、株式会社人材派遣センターオキナワでお仕事に就かれるスタッフの方は、

マイナンバーのご提示が必要になりますので、ご了承下さい。

マイナンバーの利用目的

10月のマイナンバー通知以降、社会保障分野や税分野の手続きのため、利用されます。

①給与所得、退職所得に係る源泉徴収票作成事務

②雇用保険関係届出事務

③健康保険関係届出事務

④厚生年金保険関係届出事務

⑤労働者災害補償保険法関係届出事務

⑥国民年金第三号被保険者関係届出事務

 

           ≪内閣官房「マイナンバー社会保障・税番号制度ホームページ」≫

              http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/